1. ホーム
  2. 会社案内
  3. 会社沿革

会社沿革

1906

河北鶴之助により京都市において印刷業を創業

1931

4月 河北喜四良、中学卒業後(京都府立第一中学校)父・鶴之助より経営を継承

1944

5月 企業整備により同業印刷所および製本所を買収し、「河北印刷工業所」を設立
(全部で活版印刷所五社、平版印刷所二社、製本所四社の合同体となった)

1946

この頃、「比叡書房」「河北印刷出版部」の名称で出版事業も行う

1947

4月 日本循環器学会「Japanese Circulation Journal」戦後復刊第一号

8月 大阪での需要増加により、「大阪営業所」を開設

1949

10月21日 初代社長河北喜四良により「河北印刷株式会社」を設立
「河北印刷工業所」の事業を全て継承

1952

8月 京都市内の分散工場を現在地に一括移転して、総合印刷工場を設立

9月 大阪営業所を廃止し、本社に統合

1959

子会社東京河北印刷株式会社を設立

1966

10月8日 『尼崎市史』第一巻発行 以後の自治体史のモデルとなる

1986

10月 会長・河北喜四良、社長・今井正、専務・河北喜十良を選任

1990

1月 社長・河北喜十良を選任

1993

3月 『長岡京市史』資料編 第三巻発行 初のCTS(電算写植機)組版による自治体史の史料編

9月 新工場竣工

1995

10月 京都で初めてE-print1000導入

1996

5月 活版印刷廃止

2003

11月 東京河北印刷株式会社を吸収合併し、東京事業本部と改称

2004

6月 東京事業本部、神田に移転

2008

4月 国内で初めてNuvera144導入

2013

5月 東京事業本部、神田北乗物町に移転

2014

2月 製版設備導入

2015

7月 西日本で初めてColor 1000i Press(ゴールドトナー)導入

2017

7月 オフセット4色機小森リスロンA37-P導入